全国フルリモート・フルフレックス採用を開始

 Nextremerは、この度従業員のワークエンゲージメントおよび生産性の向上を目的に、フルリモート・フルフレックスで勤務できる体制を確立させました。日本は「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。こうした中、Nextremerは、従業員の置かれた事情に応じて多様な働き方ができるよう、居住地を問わず全国どこからでもフルリモート・フルフレックスで勤務可能とし、今後採用活動を日本全国に拡大することを決定しました。


■新たに導入する制度

1. フルフレックス制の導入
これまでコアタイムありのフレックスタイム制を導入してきましたが、コアタイムなしのフレックスタイム制(フルフレックスタイム制)に変更します。家庭状況などに応じて自分のペースで業務に取り組むことで、従業員のワークエンゲージメントを高め生産性の向上を目指します。

2. シックリーブ(病気療養休暇)の導入
従業員本人またはその家族の病気・ケガを事由とした休暇を年4日を上限として支給します。

■対象の募集職種

・エンジニアポジション
・ITソリューション営業
・AIトレーナー(フルリモート勤務は対象外)
※各ポジションの募集要項はこちら

 フルリモート・フルフレックス制度の導入は、従業員個々人のモチベーションアップに繋がる一方で、オフィス勤務に比べコミュニケーション機会の減少が課題の一つとなります。Nextremerでは、バーチャルオフィスの活用、上長との定期的な対話の機会をセッティングするなど、気軽に雑談や相談ができる環境づくりを行っています。今後も従業員のライフステージや従業員数の変化に応じた組織施策を継続的に実施していきます。

< ニュース一覧へ
CONTACT