AIトレーナー

F.K

# 現在所属している部署と担当している仕事内容は?

データテクノロジー部に所属しています。担当している仕事は、お客様の事務所に常駐し、チャットボットの稼動支援を行っています。具体的には、月次報告のログ・アカウント集計やコンテンツ更新・公開作業などです。その他にも、部署内で至急/優先タスクが発生した場合、サポート作業に入ったりしています。

# 入社を決めた理由はなんですか?

仕事の面白さと外国人就労に関するサポートの手厚さです。来日半年でまだ日本語学校に通っていた時、仲介会社を通しNextremerを知りました。中国での仕事経験はありますが、日本での就職は初めてで、IT業界も未経験だったので、「外国人の私は日本でどんな仕事できるの?」「外国人は職場で差別されるかな?」「職場でスーツを着なければならない?」「ビザ変更の手続きをどうすればいい?」など、すごく不安でした。自分でも会社について自分で調べたり、Nextremerの採用担当者に質問をしたりして、研修制度があって未経験でも安心して働けることを知りホッとしました。また、すでに外国人社員が数名在籍していて、ビザのサポートもあり、私服OKだったので完璧だと思いました。「AIトレーナー」のお仕事は新しい職業ですが、将来自分が書いたシナリオを搭載したチャットボットがお客様に使われることを想像したら、面白いなと思い、チャレンジしてみようと決めました。

# 実際に入社してみてどうでしたか?

勤務地が東京だったため、オフィスには男性のエンジニアが多く、最初は少し緊張して不安もありました。ですが、歓迎会等であたたかく迎えてもらい、すぐリラックスできました。職場環境について驚いたことは、前職では社員それぞれのデスクに仕切りがあり、自分のワークスペースで作業を進めていましたが、Nextremerでは仕切りがないため、慣れるまで少し時間がかかりました。今ではこの作業モードこそ、会社の一体感を感じられると思っています。今は客先常駐のおかげで、他社の作業モードや職場雰囲気を色々体験できてとても勉強になっていて、いい経験です。

# 「Nextremer」の特徴は何だと思いますか?

自由とリラックスできる雰囲気で働きやすいことです。服装・髪型は自由、休憩時間も自分で調整できます。あと、厳しい上下関係がなく、年齢問わずコミュニケーションが取りやすいです。

# 「Nextremer」で働くために必要なことや感覚は何だと思いますか?

専門用語やIT関連の知識が必要です。コミュニケーションをスムーズにするために、振られたタスクをちゃんと理解して無事に完成させるために、基礎とする専門知識が一番大事だと思います。

imanishi(5)_edited.jpg

# 担当している仕事をする上で気をつけていることは?

一番気をつけているのは、やはり「日本語を正しく理解する」です。日本語が母国語ではないため、日々日本語の勉強をしています。それとは別に、作業精度を保証するために、作業担当者や仕事内容を問わず、ダブルチェックの制度を設置し、確認しています。もう一つはシナリオの書き方です。細かいところでも書き方を間違えたらボットが想定通りに動いてくれないからです。

# 仕事をする上でこれまでで一番大変だった事は何ですか?

仕事の話ではないですが、「日本語が正しく使えているか」です。仕事上はダブルチェック制度があるため助けられていますが、日本の企業で働くには日本語能力をますますアップしなければと感じています。

# 仕事のやりがいや醍醐味はどんな時に感じますか?

褒められた時と自分が参加/担当した案件がリリースされた時です。

# お客様との忘れられないエピソードはありますか?

一生懸命携わった仕事が認められ、お褒めの言葉をいただいたことです。自分の価値を感じることができ、有意義なことをやっているんだなと思いました。次の作業にもやる気を出してもっと頑張れるようになります。

​#1日のスケジュール

(客先常駐のスケジュール)

8:40   出社

   

8:40~10:00   朝会 メールチェック 作業計画

常駐先の作業チームのメンバーと朝会を行い情報共有します。情報整理して作業計画を立てます。

10:00~12:00   デイリーミーティング 案件実作業

データテクノロジー部のメンバーとデイリーミーティングを行い情報共有します。シナリオ作成・実装、動作確認等、データテクノロジー部優先タスクを行います。

12:00~13:00  休憩

    

13:00~17:40  案件実作業

月次関連、コンテンツ更新・公開等、常駐先のチャットボット稼働支援に関する作業を行います。

17:40 退社

    

​お気軽にお問い合わせください