cover_interview-3

  現在所属している部署と担当している仕事内容は?

データテクノロジー部の部長を務めています。マネジメントが主な業務です。実務はシナリオ設計や対話ログ分析などを中心に担当しています。

  入社を決めた理由はなんですか?

AIの研究のみならず、「実用化と普及に向けて力を入れているところ」に共感したためです。拠点に拘らず、先進的な事業を行っている点も魅力の一つでした。AIと人が協働する新たな仕事の形を作っていきたいとの思いを持って入社しました。

  実際に入社してみてどうでしたか?

畑違いの業界からの入社だったため、当初はついていけるか不安もありましたが、周囲のサポートのおかげでうまくやってこられました。

 「Nextremer」の特徴は何だと思いますか?

フットワークが軽いところですかね。意思決定も早い印象です。

 「Nextremer」で働くために必要なことや感覚は何だと思いますか?

試行錯誤しつつ進めないといけない業務が多いので、「間違いを恐れず積極的に取り組む姿勢」は必要だと感じています。ルーティンワークはあまりないので、決まったことだけを淡々とやりたい人にとってはつらい面もあるかと思います。自分で考えて色々試してみることに楽しみを見いだせる人は仕事を楽しめるかと思います。

今西さん3

  担当している仕事をする上で気をつけていることは?

マネジメントをする上では、メンバーごとの特徴を把握することを意識しています。人によって得意、不得意はあるので、各個人の特徴を生かした業務にアサインできるよう心がけています。一方で苦手なことから遠ざけすぎると、学習の機会を奪ってしまうリスクもあるので、そのさじ加減には気をつけています。

  仕事をする上でこれまでで一番大変だった事は何ですか?

初めて他社製チャットボットのシナリオ作成を依頼されたときです。
弊社ではデータ作成業務の一環として、チャットボットのシナリオ作成全般を請け負っているので、こうした依頼をいただくことも多々あります。ボットによって用意が必要なデータは当然異なりますので、これまでの知見が通用しないシーンもあって大変でした。何事もはじめのキャッチアップは大変ですね。

  仕事のやりがいや醍醐味はどんな時に感じますか?

お客様からリピートされた時です。仕事が評価され、信頼関係が構築できたことを実感できます。

  お客様との忘れられないエピソードはありますか?

付き合いのあるお客様との商談の中で、「あなたのチームにまた仕事をお願いしたい」と言われたことです。会社のネームバリューではなく、中の人を見て評価いただけていることを実感できた出来事でした。

1日のスケジュール

フルフレックスタイム制での勤務のため、出退勤のスケジュールは各々が自由に選択しています。一例として私の場合は以下のようになります。

09:00 出社

09:00~10:00
メールチェック 作業計画 事務作業

情報整理して作業計画を立てます。軽めのタスクもついで済ませます。

10:00~12:00
デイリーミーティング 各種打ち合わせ

部門メンバーとのデイリーミーティングを行い情報共有を行います。内外問わず打ち合わせが多く入るので、会議だけで午前中は終わってしまうことが多いです。

12:00~13:00  休憩

休憩時間は自由ですが、大体この時間に取っています。

13:00~18:00
新規商談 工数計画 案件実作業

新規商談への参加やメンバーのリソース管理を行います。基本はメンバーに任せていますが、必要に応じて案件の実作業も行います。

18:00  退社

お問い合わせ