人工知能テクノロジーは仕事の様相を変えていく

人工知能テクノロジーは仕事の様相を変えていく

Nextremer村上です。

 

このサイトでも人工知能(AI)を使った新サービス・商品等のニュースをよくご紹介していますが、
今回は少し毛色の違うものをご紹介します。

 

「あなたの弁護士も、もうすぐ人工知能アプリに助けを求めるようになるかもしれない」
http://www.wired.com/2015/08/voice-powered-app-lawyers-can-ask-legal-help

STORY-GettyImages-76185347lawyerblue

記事によれば、弁護士業務の中における調査にかかる時間は、まるまる5日間の業務時間を費やすのだそうです。また、法律事務所がかける調査への費用は、年間96億円を費やしているとか!
その問題に対して解決策となりうるのが、ROSS Intelligenceです。

 

■どんなサービスなの?

このROSSは、IBMのコグニティブ・コンピュータ、ワトソン上に構築されています。ほぼすべての人が頼っている現在の法律情報は、構造化されていない上にデータベース化されていない膨大な量のテキストです。ワトソンが可能にしたのは、これらの億を超えるテキストや資料の中から、事実と結論を掘り起こすということです。
それに比べて、既存のやり方は単にキーワードを見つけるだけの検索技術に依存しているのです。

http://www.rossintelligence.com/lawyers/

 

実際にROSSを使用している時のデモ映像がこちら。

 

ROSSは、自然に話すときの様な文章を音声認識します。
例えば・・・

ross

弁護士:

「もしも従業員が売り上げ目標を達成出来ておらず、彼らの雇用における必須事項を満たす事が出来ていない場合、通告なしに契約を終結する事ができますか?」

 

ROSS:

「もしも従業員に深刻な不義や違法行為があった場合…(中略)~することは可能」(94%の確信度で)

 

この例の通り、ROSSは様々なコンテンツソースから引用文や極めて局所的な記事、そして確信度の数値を添えて、瞬時にあなたに答えを提供してくれるのです。

 

また、ROSSは24時間法律の改変や制定をモニターしており、アップデートがあるとお知らせする機能もあるそうです。
そして勿論、使えば使うほど賢くなります。

 

 

■テクノロジーの発達は既存のワークスタイルをどう変えていくのか

単調な作業が人工知能やロボットに置き換わると同時に、空いた時間を更にクリエイティブなモノを生み出す時間として有効に活用するのが人間の役目ですね。そこから、これまでにない新しい仕事が生まれてきたり、新しい働き方が定着していくのかもしれません。

 

パソコンやipad, iphoneを初め、これまでには想像もしなかったような新しいテクノロジーを私たちがすんなり受け入れてきたのと同じく、人工知能の進化による新しいサービス・働き方・ライフスタイル等々も、きっと自然な流れで生活に浸透していくのではないでしょうか。

 

しっかり目をこじ開けて、世の中を流れを見逃さないようにしたいところです!

 

さて、定番ですがNextremerでは
・新しいモノを生み出すことにワクワクする
・自分で何か企画してカタチにしたい、
・家でも自分で何か作っている…etc

というエンジニアを募集しています!
問い合わせだけでも結構ですので、お気軽にどうぞ!まずは下記をクリック!


banner_1