米サウスバイサウスウエスト2016:出展レポート 《準備編》

米サウスバイサウスウエスト2016:出展レポート 《準備編》

Nextremer村上です。

3月13日~16日まで、アメリカはテキサス州のオースティンで開催された、サウスバイサウスウエスト(以下SXSW)のInteractive部門、Tradeshowに参加してきました。参加の模様を【準備編】そして【本番編】の2回にわたってレポートしたいと思います。How to的な記事ではなく実際に私達が体験した事を出来るだけそのままに、セキララに書きつづりますので、次回参加を検討している方の参考になれば嬉しいです。

SXSWとは
tradeshow
会場の様子

毎年3月にアメリカ・テキサス州オースティン市で開催される音楽、映像、インタラクティブのイベントです。世界中から毎年約20万人以上が訪れる大規模コンベンションで、音楽イベントとして始まり、そのインディーズ精神からスタートアップが集う祭典へと発展、近年も教育や環境など次々に新部門を創設し続けています。SXSWのイノベーションアワードでは、過去にTwitterPintarestなどが選出されており、著名なスタートアップ企業を輩出する場としても知られています。ちなみに今年はオバマ大統領も来場していたらしいです!

参加目的
aisamurai
AI-Samurai

SXSW初参加の目的は、①世界中から集結したGeekな先端IT/Webサービスに触れることで開発者の独自性向上やアンテナ感度を高めてもらうこと②プロダクトに対するダイレクト&リアルなフィードバックを得て更なる性能アップにつなげること、③そして自社開発のAI対話エンジン「A.I.-Galleria」のプロモーションでした。「AI」と「Samurai」というエンタテイメント性たっぷりの見た目は、予想以上に惹きが強くつかみとしてはバッチリでした。(会期中の様子は第二部でお伝えします)

今回は無事展示に至るまでの、過酷な道のりをセキララレポートです。

最初の難関:地獄の運搬作業

DSC_0721
総重量150キロくらいあったんじゃないかと思います
  • スーツケース 10個
  • ディスプレイ2台1セット 2個
  • ラップトップ 10台
  • 侍の台座用木材

アメリカ行き前日の夜に上記他全ての荷物の梱包を終え、翌朝早朝にオフィスを出発、隣駅から成田空港までのシャトルバスに乗車するという予定でした。(荷物は当初宅急便で成田空港に送る予定でしたが、発注物の納品が間に合わなかったのでメンバー6人で運ぶことに)

2016/3/11 6:00

3/11早朝、集まったメンバーで移動開始です。
さて、駅にエレベーターが無かった事に気が付いたのはオフィスを出発した後でした。なりふり構わずスーツケースを何個も担いで階段を下り走ってバス停に向かったものの間に合わず、定刻になったシャトルバスが目の前を走り去る光景は涙を誘いました…。気を取り直し次のシャトルバスに乗車、出発時刻の1時間前ギリギリで空港に到着です。

バス車内で事前にWebチェックインを済ませておいたので、無事アメリカ行きの便に乗る事ができました。ここ迄で相当の体力を消耗してしまったので、機内では全員死んだように眠り体力回復です。(ヘビー級のスーツケース運搬により、後斜角筋三角筋に激痛が走ったのは翌日の事です)

2016/3/11 11:30(USA時間)

ダラスを経由し成田出発から約13時間後に、無事テキサス州オースティンに到着しました。レンタカーをピックアップしてまずはホテルに直行…したかったのですが、なんとオバマ米大統領のオースティン到着と被ってしまい、ホテルへの道は封鎖され、それはもうびっくりするくらい渋滞してました。遠回りを繰り返しやっとホテルに到着、その後は休む間もなく現地ホームセンターでブース設営に必要な資材をまるっと購入します。

DSC_0740
家一軒造れる材料が揃ってそうなホームセンター
DSC_0043
指定のサイズに切り分けてくれるサービス(無料)は良かったです

2016/3/11  17:00

この日は全員が疲労困憊していたので、ブース設営は明日残る1日でやってしまおうという事になりホテルで一同休息。(今思えばかなり危険な選択でした)

DSC_0728
ご飯と燃料(ビール)は近所のWalmartで!