「ディープラーニング」を身近に感じよう!スマホで体験してみました

「ディープラーニング」を身近に感じよう!スマホで体験してみました

ディープラーニングがアツい!と話題になっていますね。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20150713_710797.html

 

FacebookやGoogleなどがディープラーニングのスタートアップ企業の買収をした事も記憶に新しいです。

身近なところで体験してみようという事で、話題のアプリ「Deep Learning」をダウンロードして遊んでみました。
このアプリでは、携帯で撮影した対象物が何に分類されるものであるかをサーバー上で処理して認識し、結果を確率表示します。

グラフの下には認識したモノの参考画像も表示されます。

 

手始めにオフィスにあるノートパソコンを撮影。

無題

Laptopが上位に来ました。ばっちり認識されています!

次にペットボトル。

無題

 

Water bottleがぶっちぎり一位です!

 

変り種で、高知のご当地キャラクター「かつお人間」のマスコットを撮影すると・・・・

無題

マスクとトイレットペーパーが同率1位という結果に!

えんぴつ削りとシートベルトも大健闘です!

と、これはさすがに困惑させてしまいましたね。

 

人工知能(AI)のディープラーニングなどの要素技術革新が進み、私たちの住む世界がどのように変わっていくのか、これから本当に楽しみですね。
Nextremerでも人工知能(AI)活用した実証実験イベントや独自サービス開発をエンジニア主体で行っています。
エンジニアとして最新テクノロジー+グローバルに活躍できる環境です。

興味のある方はどんどん応募下さい。


banner_1