インドAuto Expo2016ジャパン・パビリオンに対話技術を活かした「スマートヘルメット」出展中!

インドAuto Expo2016ジャパン・パビリオンに対話技術を活かした「スマートヘルメット」出展中!

Nextremer村上です。
JETRO主催で2月4日~7日までインド・デリーで開催中の「Auto Expo 2016 Component」 自動車部品商談会に、弊社インドAIチームと高知AIラボのメンバーでAI対話技術を活かして開発した「スマートヘルメット」のコンセプトプロトタイプを出展中です。

autoexpo2

「Auto Expo 2016」とは隔年で開催されるインド最大の自動車展示会で、今回13回目の開催となります。本展示会は、自動車・部品、試験・計測機械、カーセキュリティーや生産技術など、インド国内外から自動車関連の業者が多数出展し、来場者数も多く、世界のモーターショーと比較しても遜色ない展示会とのこと。

autoexpoblog

スマートヘルメットの開発の背景は、インドの交通事情にあります。もともとヘルメットの着用義務はあったものの、実情はほとんどの人がヘルメットを被っていないそうで危険極まりない状況なようです。最近になって罰則が厳しくなり、違反者に対しては免停・罰金の処罰が科せられることになったそうで、インド市場においてヘルメットの需要は今後益々高まっていくものと思われます。

いわゆる万能ヘルメットはアメリカの「SKULLY」ロシアの「LiveMap」などすでに発表されているものも多くありますが、非常に高価で手が届きにくいのが現状です。そこで一般の方にも手が届きやすい価格で、人工知能対話テクノロジーを使用した”Smart”なヘルメットを造ろう!ということで開発がスタートしました。

コンセプトプロトタイプですが、会場からは色々な声を聞くことが出来ました。対話技術はインドでの活かすことができると実感しております

smart-helmet
設計イメージ図

こちらのスマートヘルメットの詳しい機能/イベント会場での様子などは、こちらをご覧ください!

autoexpo3