インターンシップブログ part12 ~大学休学という選択~

インターンシップブログ part12 ~大学休学という選択~

こんにちは!nextremerインターン生の小畑です。
しばらく更新していませんでしたが、しっかり更新していきたいと思います!

突然ですが、10月から学校を休学しました!授業申請画面がかっこいい感じになってます。

スクリーンショット 2015-10-01 17.00.17

というのも、実はあと二週間後に海外インターンシップ生としてnextremerのインドオフィス1年間行くことになっています!

インドオフィス↓

newoffice01

この記事を読まれている大学生のみなさんは、ベンチャーで様々なことに挑戦したい!海外で経験を積みたい!という人が多いのではないのでしょうか。そこで、少しでも参考になるように今日は休学という選択肢について話そうと思います。

留学したい!と思った時、
・海外の大学で単位を取ることのできる連携校での留学
・短期海外インターンシップ
 など、様々な選択肢があると思います。

僕が選んだ選択肢は、休学して、完全にフリーな身として留学するでした。そこで、参考になるかはわかりませんが、個人的に休学について思うことを書きたいと思います。


休学のメリット、デメリット

メリット① ~期間が自由、場所も自由、何もかも自由~

0aaabc225418a5099da9b74646e04def

これは、最も大きいメリットだと思いますが、期間も自分で指定できるし、どんな場所で何をやっても自由です!先生の許可が得られればですが、休学の申請許可はそこまで厳しくありません。学校や学科にもよると思いますが、選択肢として持っておくべきだと思います。なので、自分の将来を考えたり、今の自分を見つめ直したりしたい時には非常にいい制度なはずです。

今、インターネットを使えばどんなところにも飛び込んでいける時代です。その自由をフルに活用できます。特に、海外インターンをお考えの方!綺麗に学校を卒業しつつ半年未満の留学よりも、1年以上の長期留学は得るものがたくさんあるという話をよく聞くので、ぜひ休学を

メリット② ~社会に出たら二度とない制度~

休学とは、簡単に言うと自由になっていいよ、さらに今後の大学生としての身分は保証してあげる。というものです。

nextremerの社員さんと話していて気付いたのですが、社会に出て会社に入ったら、休んで身分が保証されるようなことは滅多にありません(最近、休学に似た制度を実施している大企業も増えてきているみたいなので、調べてみてください。)ということで、めったにないチャンスが休学です。

メリット③ ~大学の施設が使えたりする~

これは、結構どうでもいい話なのですが図書館が使えました笑インドに行くので関係ありませんが。


デメリット① ~年をとってしまう~

jutakugata-yuryou

当たり前の話ですが、卒業が遅れます。これは、人生計画がしっかりしている人には痛いかもしれません。個人的には、1~2歳の差なんて誤差に思えますが、気になる人はかなりのデメリットでしょう。

デメリット② ~友達と同時に卒業できない~

これは、大学という青春の場において非常に大きなデメリットでしょう。どうしても友達と過ごしたい人は、研究室所属が終わってからの休学をお勧めします(理系限定ですが。。。)研究室が一緒なら、卒業旅行もいけるし、授業も一緒にとれるかもしれません。

あと、早期卒業制度を使うのも手です。逆に考えれば、1学年分友達が増えますけどね!ということで、圧倒的にメリットのほうが多いことがお分かりになったでしょうか。

自由というのは、選択肢を知ることだと思うので、公務員でも自由の中でその道を選んだ人もいるし、旅人風にしてても実は不自由な人もいると思います。休学という選択肢があることをしって学校生活をおくると、より自由になれると思います!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


Nextremerでは学生インターン・人工知能エンジニアを募集しております。
興味を持たれた方、もっと詳しく知りたい方、お気軽にお問い合わせくださいね。

まずは下記をクリック!


banner_1

(最終更新:2017-05-11)