Nextremer JAPAN チームミーティング@グアム フリータイム編

Nextremer JAPAN チームミーティング@グアム フリータイム編

Nextremer村上です!

この記事の続きです。

今回のグアム旅行、全メンバーがグアム初という状況であまり下調べも無く現地入りしました。とはいえ予備知識も多少はあったので、カルチャーショック!というレベルの驚きはありませんでしたが、おもしろい発見はありました。

 

現地の人の日本語がかなりピンポイントで面白い

グアムはハワイと同様に日本人観光客が多い事で知られていますので、日本語表記が町中に溢れている事はある程度読めていました。しかし驚くべきは、「観光業に関わる人達の日本語がスゴイ」ということです。

■グアムで聞ける日本語:入国管理局編

images

「ナンニチ グアムニ イルンデスカ?」
「ミギテ ヨンホン」(指紋チェック時)

今回初海外というメンバーがおりました。台風で揺れに揺れる飛行機を降りてホッとしているのもつかの間、初めて海外に行く人にとっては緊張の瞬間「入国審査」があります。でも何のことはありません、日本語でオールオッケーです。ちなみに、海外の入国管理をを日本語で通るところを見たのはこれが初めてです。

 

■グアムで聞ける日本語:ビーチ編

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「アカイ ブイマデ、アカイ ブイマデ」
=赤いブイまで(しか行っちゃいけないですよ)
あるメンバーが海上ボート(足漕ぎ)を借りた時にガイドさんが発した言葉です。
こんなに細部まで…日本語教育、行き届いてます!

 

■グアムで聞ける日本語:困った編
「ナンデスカ?」
=?
おそらく、May I help you?的なニュアンスで話かけられたのだと思いますが、もはやどっちで答えて良いのか分からず困惑したそうです。

ともかく、グアムは日本語だけで過ごせるといっても過言ではなく、初海外には最適かもしれません。
ただ、基本的にカタコトの人達が多いので「あ、日本語話せるんだ!」と思って勢いこんで話しかけると、?な顔をされますので、ご承知おきを。

 

グアムの離島へ!

さて、ここからはグアム旅行フリータイムの一部をご紹介します。
エンジニア男性4人衆が、急に思い立ってノープランで離島まで行ってきたので写真でご紹介します。

さすが南の島は車窓も開放的ですね~!
DSCF0368

道中の教会でしょうか。17世紀にスペインによってカトリック教がもたらされたという歴史もあり、島の住民の約75%が熱心なカトリック教の信者だそうです。

DSCF0442

ここからボートに乗り換え、いざ離島へ!すでに海水の透明度が物凄いです。

DSCF0380

観光地っぽいです。(どこに行ったのか、聞くのを忘れました、、)

DSCF0436

最後に皆で記念写真。みんないい顔してます。

DSCF0347

今回のグアム旅行、総じて得るものの多かった旅となりました。
明日からNextermer第4期目に突入しますが、これからもスピード感を大事に勢いよく走っていきますので、どうぞご期待ください!
来年はビジネスクラスでグアム行けるように頑張りたいと思います(願望)

 

banner_1

会社HPページはこちら!

会社ホームページへ

(最終更新:2015-11-19)
CATEGORY :